FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC・TOEFL勉強-単語編まとめ

2009.01.13 *Tue
↓前回紹介した参考書↓

TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)
(2002/10)
神部 孝

商品詳細を見る


Rank1~4までの4段階構成になっていて細かく見ると以下のようになっています。

Rank1は基本単語
Rank2はTOEFL550点までの単語
Rank3はTOEFL600点までの単語
Rank4はTOEFL620点レベルの単語


私が二年半前に受験したTOEFLでは
Rank2をほぼ覚え終わりRank3に入り始めた頃に
米国大学入学に必要な550点を超えました。

もちろん、単語数以外の要素はあるにせよ
本書、TOEFL3800が取り入れてるランクと
TOEFLでの点数の相関関係はとても高いと思います。



今日は、この参考書に加えて英単語力アップに役立つ
無料で出来るオンラインツールを紹介したいと思います。


SpaceALC (アルクオンライン)
http://www.alc.co.jp/index.html

留学生御用達のアルクのウェブサイトです。
本ホームページのオンライン和英・英和辞典『英辞郎』は単語数もさることながら
豊富な例文が記載されており、単語の意味のみでなく
その単語が使われる文脈を理解する『語感』を養うのにとても役立つサイトです。

このサイトの優秀なところは、英語学習を総合的にサポートしてる点です。
単語、文法、リスニング、英会話、アメリカ文化など多種にわたるコンテンツがあり
多様な英語学習者のニーズを上手く汲み取ってくれているサイトです。

このサイトで特にTOEICやTOEFL学習者にお勧めだと思うのが
週間で更新される単語のマッチングクイズ。
クイズは時事英語、TOEIC、TOEFLなど種類もそろってます。
ちょっとやさしめですが、自分の穴を探したり覚えきれてない単語の記憶を
上手い具合にリフレッシュしてくれます。

医療系英語のコーナーもあったりと、色んな角度から英語を学ぶことができます。



ハングリーフォーワーズ Hangry for words
http://www.hungryforwords.com/

TOEIC、TOEFL、Business、上級ビジネス、スラング、ファッションなど複数のコンテンツから
英単語を毎日1個ずつ配信してくれるメールマガジンです。

登録は無料で、カテゴリは最大3まで登録できます。
ちなみに私はTOEIC、TOEFL、Businessで登録していますが
TOEFL550~600レベルだと推測される私の場合ですが
半分~4分3程弱が理解できる具合です。

例文
も配信してくれるので、あいまいに覚えていた単語の覚えなおしにも使えます。


③単語帳ドットコム
http://www.tango-cho.com/

最後のお勧めですが名前から分かるように単語帳サイトです。
これは普段の学習や、上に紹介したメルマガ等で送られてきた単語を
まとめていくためのツールです。
普段、単語ノートを作ろうとするけど直ぐに失敗する
または書いた紙を失くしてしまうと言った人にお勧めです。

あんまりメジャーなツールじゃないので機能は素晴らしいとはいえませんが
他の人が作成した単語帳をダウンロードできる機能は結構面白いです。

私の場合、日本語の語彙数を就職時に必要なSPI試験に向けて上げたいので
語彙に関する単語帳をDLして暇なときや
パソコンで動画を見ているときに片手間にながめていたりします。




最後にこれらツールに関して私がお勧めする使い方は

メルマガで毎日配信されてくる単語を先に紹介したSpaceALC英辞郎で検索し
オンラインの英単語帳にまとめていく…といった方法です。

単語の勉強に時間をさきすぎるのも問題なので
パソコンで動画を見てるときなど、何かの合間にするのがお勧めです★
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : TOEIC・TOEFL | THEME : 資格取得 | GENRE : 学問・文化・芸術

TOEFL参考書

2009.01.07 *Wed
現在私はTOEFL(Institutional)で620点越えを目指しているわけですが
留学を考えている人や、実際の留学生を除いて、TOEFLはそんなになじみのないテストだと思います。

TOEFLとはTest of English as a Foreign Languageのことです。
主に留学生がアメリカの大学に入学する際に必要となる試験です。

中堅レベルの大学は500点~550点を入学時に要求してきます。
大学院では620点ぐらい必要です。

テストの主催はETSですが、日本ではRプロメトリック社が手配をしています。

本国にあるETSはTOEFLとTOEICのスコアを換算する目安として
以下の公式を発表しています。


TOEICスコア×0.348+296=TOEFLスコア


TOEFLで620点とはTOEICで言うと大体930点ということになります。
実際はTOEFLの方がTOEICより難しいだろうと個人的には思うのですが
まぁおおまかな比較なのでこんなところでしょう。




実際の私のTOEFL(PBT)の持ち点は二年半前のスコアですが570点程です。
内訳はだいたい以下のような具合で

Ⅰリスニング 61
Ⅱストラクチャー51
Ⅲリーディング 59

計)171×10÷3=570

私はストラクチャーがスコアが足を引っ張っている典型例です。笑
前回のTOEFLから2年半も経ってるので、
リスニング力、リーディング力、単語力は以前と比べると上がっているでしょうから
リスニングセクションとリーディングセクションは過去問をとくだけで
両セクション62点の壁は越えられると思います。

問題は文法で、今回の私のTOEFL目標点は620点を越えるには
苦手分野のストラクチャー攻略が必須なわけです。

文法が嫌いだった私は、2年半前のTOEFLの時にこれといった対策をしませんでした。

今回は今までのつけを払うときのようです ^^

文法のお勧め参考書。
ストラクチャー50点の人にお勧めされても
インパクトが低いかもしれませんが
下の、TOEFL620点突破はかなりの良書だと思います。
初心者向けではありませんが、
TOEFLの文法対策を体系だって処理していくのに適した参考書だと思います。
TOEFLでよく出題される文法項目が分かりやすくまとめられています。

TOEFL test 620点―実戦型文法完全制覇マニュアル (アスカカルチャー)TOEFL test 620点―実戦型文法完全制覇マニュアル (アスカカルチャー)
(1998/02)
長本 吉斉

商品詳細を見る


今回、私はこの上の参考書だけを使って文法を勉強してるので
私の文法の点数の伸びを楽しみにしていてください。
これで私が文法セクションで62点取れたとしたら、きっとこの本のおかげですよw


次に英単語帖ですが、TOEFLテスト3800がお勧めです。

この本はRank1~4の4部構成になっており
TOEFLで500点を取りたい人なら先ずRank1~2は完璧にし
その後Rnak3を頑張れば達成できると思います。
550を取りたい人はRank3をしっかりこなせばクリアーできると思います。
600を超えたい人はRank4をしてください。
Rnak4になるとめったに目にしないレベルの単語も混じってくるので大変です。笑

私は今回Rank3の復習とRank4へ挑戦を目安にして勉強していく予定です。


TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)TOEFLテスト英単語3800 (TOEFLテスト大戦略シリーズ)
(2002/10)
神部 孝

商品詳細を見る





最後にリスニング対策は…

あんまりいいものが思いつきません。すみません。笑
個人的に一番大切だと思うのは先ず『聞き慣れること』だと思います。

日本で英語を勉強してる人は英語を聞く機会が絶対的に少ないと思いますが
ラジオ英会話や、海外ドラマを見るなどして耳慣れすることがリスニング上達の早道です。

あと、リスニングで大切なのは単語力です。

聞き取れはするが単語の意味がわからないでは、太刀打ちできません。




出発地点の英語力はみなそれぞれだと思います。
中高で英語に対する苦手意識を培ってしまった人も多いと思いますが
私の友人で会話力が高い人、ライティングスキルが高い人の中には
学生時代に英語が大の苦手だったという人も多いです。


頑張れば頑張ったぶんだけ点数に反映されます。
目標が達成できればそれがやがて自信となります。
そして更なるレベルアップに繋がるモチベーションを高めてくれることだと思います。

頑張りましょう!
COMMENT : 0
TRACKBACK : 1
CATEGRY : TOEIC・TOEFL

久しぶりの更新

2009.01.03 *Sat
あけましておめでとうございます。

早いものでブログ開設から半年が経ちました。
一ヶ月に一回は更新されるアクティブブログを目指していた私ですが
初心虚しくあっさりと挫折してしまいました。笑

失敗の原因はたぶん、内容をかたくしすぎたせいか
もしくは私の肩に力が入りすぎていたせいだと思います。苦笑

新年も始まったことですし、ブログも少し方向転換させて行こうと思います。

これからもよろしくお願いします!
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 日記 | THEME : 日記 | GENRE : 日記

ブログの現状

2008.08.18 *Mon
ブログを始める理由は人それぞれです。
私はブログに加え、SNS系のミクシーも利用しています。
しかし、発信したい内容とそれを公開するコミュニティーのカラーがマッチしないので
より幅広い人からフィードバックを得るためにブログを始めました。

大学の授業が始まるまで後一週間。
アメリカの片田舎では娯楽も少ないので
自然と調べ物が始まるわけです◎


今日は、ブログについて調べて見ました。

総務省のIICPの調査(2008)によると
http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/seika/houkoku.html

日本語で公開されるブログ数は世界一とも言われ
その数は2008年1月現在、国内のブログの数は1690万件!
日本の人口は約12800万にんなので10人に1人は持っている事になりますね。
実際の感覚としては、0歳から10歳、65歳以上を除いて考えてみると10人に2人は持ってる具合になると思います。

データ数にすると42テラバイト (テキストデータ:12テラ)
単位Teraの大きさのイメージが私には分かりませんが
毎月新設されるブログは40万から50万件に上るそうです。

私のブログもそのうちの一つですね。

国内ブログの数には圧巻ですが、総務省のデータによると
1690万件存在するブログのうち、
一ヶ月に一回以上更新されるアクティブブログは、全体の2割弱
約300万件ほどだそうです。

さらにブログのスターターとして気になったデータがありました。
IICPのブログコンテンツ量の推移モデルによると
開設されたブログが一年後にアクティブである確率は30%
二年後にアクティブである確率は10%
3年後はさらに減少して3%…

こういったデータを見ると
チャレンジングな事が好きな私としては
3年後の3%の枠に入って見たくなるんですよね◎

正規分布でも考えて偏差値換算してみようと思ったのですが暫く使っていなかったので忘れてしまいました…
今週中に復習したいです。

私はブログを自分の情報を整理したり保存するためのアーカイブ、
自己表現の場として使いたいのでもし3年後にもアクティブだった場合は列記とした自分史になっているでしょう。

最期に、ブログを始める動機についての調査報告も載っていたので触れておきましょう。
動機は大きく5つに分けられ

①自己表現:ストレス発散などの内面的な効果を期待する日記等(若年層に多い)
②コミュニティー:ブログを通した繋がりを重視(ママさんブログ)
③社会貢献:自らの知識を発信して社会貢献(マネー、医療、地域)
④収益目的:ブログを通じて経済的な利益を目指す(アフィリエイト、コンピュータ、金融)
⑤アーカイブ型:自己情報の管理、蓄積(趣味ブログ、30代、60代に多い)

私の場合は、先に書いたように①と⑤の組み合わせになりますかね。
できれば②の要素も将来的には取り込めればな…と思ってますが◎

皆さんはどんな理由でブログを始めましたか?
もしよろしければコメント残していってくださいね。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 未分類

プロフィール

まりもっくん

Author:まりもっくん
アメリカに留学中です。
専攻はFinanceとAccountingのダブルメジャーです。

アメリカの片田舎で
のんびり生活を送っていますが
将来の為にも
日々コツコツ勉強しています◎

よろしくお願いします



最近の記事



カテゴリー



英語単語クイズ

Match Up
Match each word in the left column with its synonym on the right. When finished, click Answer to see the results. Good luck!

 
Match Up provided by The Free Dictionary

Answerを押すと回答ページへ飛びます。 ブラウザバックでお戻りください◎



星座



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © 頑張りノート◎ All Rights Reserved.
Images from ふるるか Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。